日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルワリーパブの儲けのポイント!

ブルワリーパブの儲けのポイント!

1、適切な醸造設備の選定

2、適切な収益モデルの設計です。


1、適切な醸造設備の選定

当初のブルワリーの多くが、生産量と販売量と設備投資額とのバランスが極端にアンバランスなブルワリーが多くありました。

生産量と販売量に見合わないハイスペックの工場が多く、生産設備をフル活用出来なかったことが原因でした。


2、適切な収益モデルの設計です。

一口にビールを作って、販売したいと言っても

瓶詰め、缶、ケグ樽での販売
ブルワリーパブ・ブルワリーパブでの販売など、販売形態は、様々でした。

この販売形態による収益モデルの違いを理解せずに事業計画を立てたという事が、地ビールが儲からないと言われた理由です。

クラフトビールのビジネスの中で一番ハードルが高いのが、缶ビール
次に、瓶ビール
最後に、ケグ樽 です。

1つには、生産設備の設備コストが、全然違うことです。
缶ビールは、多くの人に販売できる商品ですが、設備コストが大きいため採算ベースに乗せるための生産量が、文字通り桁違いになります。
 実際に瓶ビールでは、ブランド力もあり売れていたところが、缶ビールの製造をしてしまった為に、身売りしてしまった会社もあるほどです。

2つめは、缶ビールが、多くの人に販売するため、高い品質を維持する必要があることです、出来る限り品質を一定にするために、濾過や殺菌・除酵素・除酸素など様々なテクニックを駆使する必要があります。

必然的に、クラフトビールの長所が打ち消されていくのです。

大量生産の缶ビール製造に長けた、大手ビールメーカーの知識には到底太刀打ち出来ない程のノウハウがあります。

最近では、地ビールテイストを全面に出した缶ビールを大手が作り始めています。
これも、今の地ビールブームを牽引している理由の一つだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日本ブルワリーパブ協会(JBPA)  - ジャンル:趣味・実用

コメント

gdzjvfxxn

R6onNZ <a href="http://omfqktergbvx.com/">omfqktergbvx</a>, [url=http://wmahwpezprmm.com/]wmahwpezprmm[/url], [link=http://uuuaamwmwuzs.com/]uuuaamwmwuzs[/link], http://pkqulbhpgwjz.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://craftbeer.blog34.fc2.com/tb.php/77-4830fbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。