FC2ブログ

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

仕事が出来る人の為の人事労務関係書籍の紹介

あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方
(2009/12/11)
吉田 典史

商品詳細を見る
人事・労務に関する書籍を多く手がけておられる、吉田典史さんの本が出版されました。


『あの日、負け組社員になった・・・他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』

   吉田典史 著
(ダイヤモンド社、定価1300円)

・本の目次や表紙などをご覧いただけます。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-01232-1

・本の内容については、こちらへ。
http://diamond.jp/series/dol_report/10029/

・キノキャスト
紀伊國屋書店と弊社とで共同運営しているポッドキャスト番組で、紹介されております。
http://www.sinkan.jp/kino/index.html

 タイトルの通り、社員の解雇・退職・左遷の話です。
 最近話題のビジネス書・自己啓発本とは、一線を画す本です。
内容が内容だけに読んで楽しくなる本ではないでが、一般のビジネス書籍が、車で例えるとアクセルなら、この本は、ブレーキの役割を果たします。
 名車ポルシエも、単にエンジン等の動力性能が優れていても、ブレーキ等の制動能力に問題があれば、速く走る事が出来ません。
 この本が、経営者の方々に支持されている理由は、「持て余した社員」をどの様に処遇するか?に頭を病ませているかではないでしょうか?「勝ち組社員」と思っていた社員が、会社としては、お荷物社員と見られていた事に気づく瞬間が描かれています。
 会社が「持て余す社員」は、仕事が出来ない社員とは限りません。むしろ高い能力を持つ社員に抱く感情です。「会社は社長の器以上に大きくならない」という言葉が意味する事柄が、随所に散りばめられています。
 会社としては、「成果主義、実力主義を謳い社員の実力次第で、地位も収入もUPさせることによるモチベーションの維持の必要性」と「会社が必要とする人材ニーズの変化によって生じる、会社の意図から外れてしまう社員をどの様に対応したら良いか?」に苦慮しています。簡単に結論が出ない問題であり、普段表面に出てこない内容に焦点を当てた良書です。
スポンサーサイト

テーマ:キャリアを考える - ジャンル:就職・お仕事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://craftbeer.blog34.fc2.com/tb.php/44-f61af014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ