日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今から始める梅酒通になる知識2

今、梅酒には、追い風が吹いています。

1、焼酎ブームが長期安定化してきた為に新しい商材への注目が高まっていること。

2、銘柄によっては、焼酎のだぶつきが見られること。

3、一部のプレミアム焼酎を除き、本格焼酎の価格が落ち着いて行くこと。

4、焼酎のだぶつき対策+新規商材開発として梅酒が注目されていること

と、ココまでは、売り手(メーカー)の論理、これだけでは、まだまだ、プッシュが足りない・・

ここで、伝家の宝刀「自家製梅酒の飲食店での解禁」が、梅酒の追い風です。

今までの、「A酒造の□□焼酎が入ったので、お試し下さい!!」から、


「B酒造の○○を使って当店で仕込んだ自家製梅酒いかがですか?」と売れる様になります。

もちろん、一時は、入手困難だった焼酎を手頃な価格で・・・・

人気が落ちてきたブランド焼酎を、お店で再ブランド化できる!というメリットがでてきました。

と、梅酒市場の分析は、この程度で、昨日のブログの続きです。

先ずは、原料の1つ蒸留酒から


梅酒と言ったら、ホワイトリカーが基本です。

梅酒用のホワイトリカーは、ほぼ、アルコールと水だけ、アルコール分35%のものが多いです。

漬け込む事を前提にしているので、カビが生えたり腐ってしまっては、元も子もありあせん。

腐らせない(保存性を高める)方法は、

1、アルコールの度数を高くすること
2、糖分を多くして、浸透圧を上げる(水分活性を下げる)

必要があります。

通常の飲んでいる焼酎は、アルコール度数が20度や25度のものが多いですが、果実酒作りでは、果物に水分が多い物が多いので、35度のホワイトリカーを使う事が多いのです。





飲食店で自家製梅酒を提供

E-bookはこちら
スポンサーサイト

テーマ:飲食店繁盛ノウハウ - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://craftbeer.blog34.fc2.com/tb.php/25-fb99c403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。