日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブティックブルワリー

「ブティックブルワリー」を知っていますか?

ブティックワイナリーなら聞いた事があるかも知れませんね!

先ずは、ブティックワイナリーからのご紹介から

カリフォルニア(特にソノマやナパ)にいまや数え切れないほどの“ブティックワイナリー”なるものがあります。
ブティックワイナリーとは
大規模生産者ではなく、主に家族や個人で経営している小さなワイナリーのことで、小規模生産でよりよいものを作っている方々のことを指します。
年間生産量が100ケースとか500ケースしか作られなかったりします。もちろん自分で畑を管理している方もいるのですが、ブティックワイナリーの中には自分たちで醸造所を持たず、間借りしながら自分の納得するワインを作り上げていく個人醸造家とも言われる方々も存在します。
このシステムは、ワインを少し知っている方々には新鮮感じるかもしれません。
値段が少し高めのものが多いですが、じっくり手塩にかけられた高級ワインも多いのが特徴で、その実力は高くフランスのグランヴァンをも凌ぐのではないかと言われています。

オーナーも実に多彩で、実業家、医者、弁護士、芸術家など。大好きなワインの為にたっぷりとお金をかけ、ワイナリー自体もオシャレで優雅なものも多く。芸術品のミュージアムが併設されていたりと、実に個性的であります。個性的なワインがたくさんあるのですが、残念ながら市場に出回ることは少ない様です。

このように、品質にこだわった少量生産のワイナリーがブティックワイナリーと呼ばれています。

このブティックワイナリーに呼応する様に使われ始めているのが
「ブティックブルワリー」です。

今は、まだ、地ビール・マイクロブルワリーとの区別が付かない状況ですが、品質にこだわった極少量生産のブティックブルワリーが、どこの街にも1つある時代が訪れるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:飲食店繁盛ノウハウ - ジャンル:ビジネス

「地ビール製造免許及びワイン製造免許取得」コンサル事業開始致します。

「地ビール製造免許及びワイン製造免許取得」コンサル事業開始致します。

実際の申請業務は、4月から開始予定です。

従来、地ビールの地ビールコンサルタントは、プラントメーカーや建設会社主体のコンサルタントが中心であったため、出来る限り大型の設備を導入することが目的となっていました。

その為、投資コストの増加、低稼働率によるランニングコスト増によって多くの地ビールメーカーが、地ビール事業から撤退して行きました。

そこで、どの街に行っても必ず1件あるようなブルワリー(街なかブルワリー)をコンセプトに小型の醸造設備を利用した、オールモルトで仕込む発泡酒醸造設備を提案していく予定です。

もちろん
事業計画の作成
製造免許の申請(作成とは違って、私が税務署と打ち合わせいたします。)
設備導入のコンサルタント
醸造コンサルタント
広告宣伝も含めた営業計画まで行います。

(ローコストコンサルティングをご希望の場合は、カフェテリアプランあり)

但し、年間にコンサルティング及び申請手続きが出来る件数に限りがありますので、定員に達し次第、申請をお待ち頂く場合がありますので、予めご容赦下さい。

お問合せのは、コチラから

http://www.ssys.biz/syosi/syosi-index.html

より、お願い致します。

ベアレン醸造所 私設応援団が始まっています。

日本での地ビールのリーディングカンパニーの一つであるベアレン醸造所ですが貯酒タンクの破裂事故で、佐々木さんがお亡くなりになり、現在は在庫のビールを僅かな販路で出すのみで、事実上営業停止の状態です。

亡くなった佐々木さんのご冥福を祈るとともに

ベアレン醸造所の再開を応援する為にkobaさんがを立ち上げて応援活動を始められました。


日本ブルワリーパブ協会(JBPA) もkobaさん・月の輪さんと一緒に応援活動をしたいと思います。

一緒に応援してくれるサイトやBlogをお持ちの方は、

http://kanappy.blog.shinobi.jp/Entry/318/ 

よりバーを貼ってください。







テーマ:日本ブルワリーパブ協会(JBPA)  - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。