FC2ブログ

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地ビール起業

地ビール(クラフトビール)起業の状況もここ1~2年で激変しました。

平成29年の酒税法改正(平成30年4月施行)で、ビールの要件変更に伴って、旧発泡酒免許で製造していた「発泡酒」が「ビール」に分類されることになりました。

平成30年3月末までに発泡酒免許を取得した会社は、製造免許は発泡酒免許ですが、作る酒は「ビール」となりました。

簡単に言うを、年間60KLを製造出来なくても、「ビール」を作れることになりました。

これに伴って、発泡酒免許の駆け込み取得が、急増し80事業場以上の免許申請があり、今まででは、考えられない「醸造設備が出来ていなくても免許を取得した」大盤振る舞いの免許取得がありました。

このような背景があり、従来であれば、設備ももっとしっかり準備しなければ、免許要件を満たさないと言っていた部分も実質的に大幅簡略化されました。

設備要件が大幅に緩くなった関係で、従来販売していた。
「500万円のビール設備づくり 自分でつくるビール工場」を大幅にコストカットして、
「300万円でつくるブルワリー起業」を執筆しました。

プレゼント企画として、購入者限定で、「300万円でつくるブルワリー起業」に記載してある仕様の設備で免許を取得したい方向けに

(1)大田区羽田ブルワリーでの醸造研修
(2)発泡酒製造免許取得代行 ← コンサルではなく、行政書士の代理業務として申請します。
(3)300万円でつくるブルワリー起業の設備制作の指導


のパッケージを提供予定です。

20年前に工場を作ると 5,000万円位
10年前で         2,000万円位
酒税法改正前       1,500万円位
酒税法改正後        500万円位

とクラフトビールで起業する、初期投資が大幅に下がってきています。

日本でのクラフトビール緩和は、法律ではなく運用で大きく緩和してきています。


累計で200部以上販売している 「ゼロからスタート地ビール起業への道」も酒税法改正に伴って、リニューアル中です。

スポンサーサイト

「300万円でつくるブルワリー起業」執筆中です。

只今、「300万円でつくるブルワリー起業」執筆中です。

300万円でつくるブルワリー起業

近々に、電子書籍販売になります。

「500万円のビール設備づくり 自分でつくるビール工場」を出版していましたが、さらにコストカットをして200万円台まで抑えることができました。

お酒で起業サポート 移転しました。

お酒で起業サポート 移転しました。


https://craftbeer.web.fc2.com/

順次コンテンツ移転していきます。

お酒で起業サポート リニューアルのお知らせ

お酒で起業サポート リニューアルのお知らせ

永らく使用していたサイトを閉鎖して、サイト構築中です。

https://craftbeer.web.fc2.com/index.html

発泡酒製造免許取得
発泡酒製造研修
醸造設備のご相談は、こちらをご覧ください。

酒販ニュースにファントムブルワー養成講座の広告を掲載いたしました。

お酒の業界紙
酒販ニュースにファントムブルワー養成講座の広告を掲載しました。

 今後、日本でも工場を持たないブルワリーが、増えてくる状況となってきました。
 工場を持たないブルワリーでも、今回の酒税法改正に対応した取り組みが必要なので、そのあたりをお知らせしています。

ファントムブルワリー広告

ファントムブルワリー起業の流れが出来た事で、今後アメリカ並みに様々なクラフトビールが市場に流通することになります。

酒販ニュース20170821


20年近く、日本の酒業界を見て来て

地酒ブームの仕組みに乗った店と乗らなかった店

ワインブームの仕組みに乗った店と乗らなかった店

焼酎ブームの仕組みに乗った店と乗らなかった店

そんな中で、久々のブームの波がクラフトビールです。

しかも、今回のブームは、盛り上がるまでの期間が長く ジワリ ジワリと登っています。

まだ、ブームの頂点がどこにあるか分からない状況です。

長期的にみても、クラフトビールブームは、一過性ではなく徐々に市場を形成している途中です。

酒販店も単に、商品を販売する時代から、実際に商品の製造・企画・販売に参入する時期に来ています。



次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。