FC2ブログ

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)

日本ブルワリーパブ協会(JBPA)は、クラフトビールをもっと気軽に手軽に楽しめる様にするため、ビール醸造設備併設のパブ及びレストランの普及と発展を目的に技術及び情報提供を目的としています。

飲食店特化型ミニ醸造設備

最近、ブルワリーパブでの起業が増えてきています。

出来るだけ、低コストでブルワリーパブを始めたい!
と、気持ちはわかるのですが、日々の飲食店運営と併せて、ビールを作るとなると時間を節約しながらく続けていく事が難しい場面が多くあります。
今まで、DIYのブルワリーシステムでは、出来るだけ1度に沢山、克つ日々の作業時間を減らす事を考え、1仕込み150Lのシステムを作ってきました。
これだと、週に1回仕込めば、年間製造量6,000Lを越える事が出来、克つ飲食店も回せると考えた設計で行ってきました。

最近のブルワリーシステムを見る中で、ブルワリーパブとしてビール造りをするのであれば、もっと多品種小ロット生産の醸造システムで、飲食店運営の片手間で出来ないか?と思った次第です。(店の休みの日に仕込みするのは、時間がもったいない)

ブルワリーパブの場合のビール原価で大きいのは、
 ・人件費
 ・酒税
 ・家賃
となり、専属でビールを仕込んでいると採算がとれません。

そこで、今回の醸造システムのコンセプト
 ・飲食店の仕込作業と並行してビールの仕込みが出来るシステム ← 人件費の削減
 ・1ヶ月で、8種類のビールが仕込めるシステム
 ・仕込室が、暑くなりにくいシステム
を考えました。

基本コンセプト
(1) 60L/仕込
(2) 60L×2回/周×50周/年=6,000L  (3回/週も一部可) 
(3) 火の管理、メンテナンスの容易な電気ヒーター方式
(4) 衛生的なステンレスタンクの使用

設備
・煮沸タンク(ステンレス製120L 電気ヒーター付)     1基
・糖化釜兼濾過タンク(ステンレス製100L 濾過板付き) 1基
・ワールプール用タンク                      1基
・寸胴型発酵タンク(ステンレス製)               1基
・野菜保冷庫                            4台
・5Gシロップタンク                         24本
・冷凍ストッカー (製氷用)                    1台
・モルトミル                              1台

ユーティリティー  電気・水道
※今回の醸造設備は、飲食店向けに可動式のもの揃えているため、電源と給排水が揃えば仕込みが可能な仕様になります。

(特徴)
・ガスを使わないシステムなので、厨房で、糖化釜・煮沸釜の温度管理をしながら飲食店の仕込み作業が可能です。
・洗浄作業も120Lの寸胴なので、女性でも仕込みが可能
・器具の部品点数を抑えているため、洗浄作業とメンテナンスが容易

作業の流れ

前日
煮沸釜に水をいれ、ヒーターで約95℃まで加温

当日
麦芽の計量・粉砕 <約10分>

糖化釜にお湯を張り、麦芽投入<約10分>

糖化(厨房で、温度を見ながら 飲食の仕込み)<約60分>

濾過(麦汁が澄んだのを確認後、ワールプールに濾過後麦汁を移す)<約60分>
    飲食の仕込みの合間に濾過状況を確認

煮沸(一定量の麦汁が取れたタイミングで、煮沸釜に麦汁を移し加熱開始)<約80分>
   麦汁が一定量取れ、煮沸状態確認後、ホップ等を投入

ワールプールに移送・麦汁冷却<約60分>

酵母添加

洗浄作業を含めて約6時間程度の作業のうち、 糖化・濾過・煮沸(約3時間は飲食店の仕込みをしながら)

仕込みが出来るシステムです。

概算ですが、約300万円程度のシステムになります。


300万円でつくるブルワリー起業 (今回の新システム改訂前の内容になります。)
https://craftbeer.web.fc2.com/300.html






スポンサーサイト

地ビール起業

地ビール(クラフトビール)起業の状況もここ1~2年で激変しました。

平成29年の酒税法改正(平成30年4月施行)で、ビールの要件変更に伴って、旧発泡酒免許で製造していた「発泡酒」が「ビール」に分類されることになりました。

平成30年3月末までに発泡酒免許を取得した会社は、製造免許は発泡酒免許ですが、作る酒は「ビール」となりました。

簡単に言うを、年間60KLを製造出来なくても、「ビール」を作れることになりました。

これに伴って、発泡酒免許の駆け込み取得が、急増し80事業場以上の免許申請があり、今まででは、考えられない「醸造設備が出来ていなくても免許を取得した」大盤振る舞いの免許取得がありました。

このような背景があり、従来であれば、設備ももっとしっかり準備しなければ、免許要件を満たさないと言っていた部分も実質的に大幅簡略化されました。

設備要件が大幅に緩くなった関係で、従来販売していた。
「500万円のビール設備づくり 自分でつくるビール工場」を大幅にコストカットして、
「300万円でつくるブルワリー起業」を執筆しました。

プレゼント企画として、購入者限定で、「300万円でつくるブルワリー起業」に記載してある仕様の設備で免許を取得したい方向けに

(1)大田区羽田ブルワリーでの醸造研修
(2)発泡酒製造免許取得代行 ← コンサルではなく、行政書士の代理業務として申請します。
(3)300万円でつくるブルワリー起業の設備制作の指導


のパッケージを提供予定です。

20年前に工場を作ると 5,000万円位
10年前で         2,000万円位
酒税法改正前       1,500万円位
酒税法改正後        500万円位

とクラフトビールで起業する、初期投資が大幅に下がってきています。

日本でのクラフトビール緩和は、法律ではなく運用で大きく緩和してきています。


累計で200部以上販売している 「ゼロからスタート地ビール起業への道」も酒税法改正に伴って、リニューアル中です。

「300万円でつくるブルワリー起業」執筆中です。

只今、「300万円でつくるブルワリー起業」執筆中です。

300万円でつくるブルワリー起業

近々に、電子書籍販売になります。

「500万円のビール設備づくり 自分でつくるビール工場」を出版していましたが、さらにコストカットをして200万円台まで抑えることができました。

お酒で起業サポート 移転しました。

お酒で起業サポート 移転しました。


https://craftbeer.web.fc2.com/

順次コンテンツ移転していきます。

お酒で起業サポート リニューアルのお知らせ

お酒で起業サポート リニューアルのお知らせ

永らく使用していたサイトを閉鎖して、サイト構築中です。

https://craftbeer.web.fc2.com/index.html

発泡酒製造免許取得
発泡酒製造研修
醸造設備のご相談は、こちらをご覧ください。
次のページ

FC2Ad

まとめ